男性ドクター

白衣は通販サイトでの購入がお手軽でお得なのです

看護士に重要な履物

2人の女性

白衣と同様、ナースシューズについても大きな変化を遂げてきました。スニーカー、パンプス、サンダルなど多くの種類やデザインが出ています。ナースシューズの歴史としてはナイチンゲールが白いパンプスを履いていた頃から、研究がされてきたそうです。有名なナースシューズメーカーは50年前から、ナースシューズ作りに試行錯誤をしてきました。その試行錯誤により、今の医療現場に対応できるナースシューズを作成しているのです。ナースシューズのポイントとしては、まずムレを解消することが必要でした。看護士からの声でも、ムレ解消を望む意見が多かったのです。そのため、今のナースシューズには、底に穴や通気口を設けているデザインが採用されているシューズも多くなっています。また、通気性の観点からサンダルタイプも人気があります。スリッポンのような穴の空いたデザインのナースシューズも出ました。また、現在では疲れにくいことにも注目されています。インソールや底の形状を工夫し、クッション性の高いシューズにすることで効率的に負担を分散する効果があります。患者を支えたり、走ったりすることもあるナースには重要な機能とも言えるでしょう。こうした機能や、使いやすさにこだわることで、機能性の高いナースシューズが作られてきたのです。履きやすさや通気性、疲れにくさといったポイントがナースシューズには重要なのです。ですが、それだけではなく、今やデザイン性や可愛さも追求しているナースシューズも多くなっています。