男性ドクター

白衣は通販サイトでの購入がお手軽でお得なのです

医者の服装

先生

医者の衣装として利用されている白衣。医者の衣装は年代や時代背景とともに大きく変化しています。昔の医者の格好は白衣ではありませんでした。中世では、黒などの布や皮のマントなどに全身を覆うような長衣、カラスマスクなどを着ていたこともあります。その頃はペストが流行っていたため、感染防止に務めた格好だったようです。日本でも明治頃は着物やハットなどになっていたため、白衣とはまた違いました。それ以降白衣が医者の衣装として普及していきました。白衣も最初はロングコートのような長さだったのですが、昭和頃に衛生面や安全性の問題から、短くなりました。腰辺りの長さまで短くなったのがその頃です。綿などで作られた白衣から、昨今ではスクラブ白衣などの強度が強い生地へ変化をしてきています。デザイン性も、動きやすく清潔感を重視したデザインに変化しました。価格も安価になり、コスト的な問題も解消されてきています。医療の現場では常に、最適な服装やデザインを取捨選択しています。さらに、安全性やコストなど合理的に進化しながらも、デザインの自由度も上がってきています。病院でも、白衣ばかりじゃなく、ファッションを楽しめる時代がそのうち浸透してくるのかもしれません。白衣は未だ進化をしているため、これからも使い勝手がよく便利になっていくことでしょう。これからの変化についても注目です。人々のファッションだけでなく、医療現場のファッションも大きく変化を遂げているのです。